耐久性の高い生地が使われている作業服

綿とポリエステルをミックスした素材

多くの人に選ばれる作業服は、耐久性の高い生地が使われていることも重要なポイントです。綿にポリエステルをミックスすることで、素材の強度も高くなります。綿の優しい風合いを保ちつつ、ポリエステルの丈夫さも生かしているのが特徴です。形態安定加工されたものは型崩れしにくく、ストレッチ性にも優れています。ペン差しポケットは利便性が高く、ダブルポケットは収納力も抜群です。背当てにメッシュを使ったものは、汗をかいたときもベトつきにくくなっています。綿とポリエステルのミックス素材はサイズ展開が幅広く、体型を問わず着用できるのも魅力です。シンプルかつ落ち着いたデザインは、あらゆるワークシーンで活用できるでしょう。

難燃性や耐火性にも優れている新素材

溶接作業など火を扱う現場では、燃えにくい素材を使った作業服が選ばれています。小さな火源が作業服に付着しても燃えにくく、燃え広がりにくいのが特徴です。汚れがつきにくい、防汚加工された作業服も人気を集めています。付いた汚れが簡単に落ちるのはもちろん、繰り返し洗濯しても効果は変わりません。ナノレベルの特殊加工によって、付着した油汚れも洗濯で簡単に落ちます。着用回数の多い作業服だからこそ、耐久性の高さが重要になってきます。耐久性の高い作業服は価格も高めになっていますが、長く着用できるのは大きなメリットです。帯電防止素材は、ガスや薬品など危険物が多い現場に適しています。現場に合った作業服を選びましょう。

様々な作業をするときに着る作業着は、以前はファッション性が乏しかったですが、今は大分おしゃれになってきています。