ホームクリーニングができる作業服の特徴

洗濯のペースは週に2回

作業着は仕事で使う服なのでいろいろな油類が付着しています。ここで、まず大切なことは洗いすぎないことです。洗いすぎて生地を傷めてしまえば着られなくなります。それよりも、2着目をを持ち、着用しない期間を長く作ると長持ちします。汚れは気になるところですが洗濯のペースは週に2回程度でしょう。その上で作業着を洗濯機に入れる時は、ファスナーやボタンをしめて、裏返しにします。干す時は乾いたらすぐに取り込み、直射日光を避けるようにしましょう。また、泥汚れなどの場合は、洗濯機に入れる前に部分的にお湯でこすり洗いをするだけでも洗濯の効果は違います。においが気になる場合には、酸素系漂白剤を40度のお湯で溶き、その中で1時間入れておくと効果的です。このような漂白剤などが使える作業着なら大丈夫です。

ベンジンでの汚れの落とし方

ホームクリーニングで作業服をまずは、ベンジンで色落ちしないかどうかを試してみましょう。目立たせるない場所にベンジンをつけて数分間しても色落ちしなければベンジンは使えます。そして、ベンジンを機械油のシミにのせて叩き洗いをします。シミの裏側にタオルを敷くことも大切です。シミをタオルに押し出すように優しく叩いていくのがコツです。また、歯ブラシにベンジンを少量取り、汚れを落としていく方法もあります。ベンジンを使う時、叩き洗いをする時はゴム手袋をしなければなりません。また、ベンジンは輪ジミになってしまうこともあります。シミとして広がって場合は、台所洗剤で再度揉み洗いをすると良いです。ベンジンが使えれば作業着生地が丈夫ということです。